セウスベルグの飛獣騎兵

セウスベルグの飛獣騎兵 プロローグ

 その場所は一面が空に包まれているようだった。
 上を見ても下を見ても、ただただ青が広がっている。
 男はその中を一歩踏み出す。
 ぱしゃん、と小さい音を立てて足下が揺れた。
 何気なくそれを見ると、足下に映るそれが空の青を映した水面だと気付いた。
 ゆるやかに波紋が広がっていくのを静かに眺める。それほど時を置かずして水面は平静を取り戻した。
 見るものが無くなった男は、再び足を動かしはじめた。
 ぱしゃ、ぱしゃ、と音を立てながら、何もないその場所をただ歩いていく。

 しばらく歩みを進めていると、突然、ごう、と風がうねった。
 その直後、頭上を何かが飛び去っていく。
 はっとして空を仰ぎ見ると、遠くに影が見えた。
 瞬時に鳥だと思った。それがどんな鳥だったのかまではわからなかったけれど。

 ――ただひとつだけ、その鳥はとても大きいのだと、一瞬だけ落ちた影を見て、そう思った。

 見たことのない風景。
 見たことのない大きな鳥。

 ……さて、ここはどこなのだろう。
 そう思った瞬間、全身から力が抜けていき、世界が暗転した。

« 前へ ― 戻る ― 次へ »